体の不調でお悩みの方!鹿児島市紫原まつだ整骨院にお任せ下さい

シリーズ《骨盤矯正を受ける前に知っておきたいこと》その3「骨盤の歪みのパターン」|2018/02/13

みなさんこんにちは!

寒さにも徐々に慣れてきました、鹿児島市紫原にあります、まつだ整骨院の松田です。

IMG_1611

今回は、シリーズ《骨盤矯正を受ける前に知っておきたいこと》の第3弾をお送りします。

第1弾で≪骨盤の構造≫ ← クリックでブログ記事へ

第2弾で≪骨盤の歪む原因≫ ← クリックでブログ記事へ

についてお伝えしました。

まだ読まれていない方は、1弾→2弾を読まれた後に今回のブログを読まれることをおススメします!

これまでのブログで、骨盤の歪みは骨盤関節自体の歪みよりも、

筋肉の緊張によって作られる歪みが大きいことをお伝えしました。

今回は骨盤が歪むパターンをお伝えします。

パターンは3つですので、すぐに覚えられると思います。

画像で説明します。


【パターン①】≪前後に傾く≫

20180213_102324 (1)

↑ ↑ ↑ 骨盤が前に傾く。(逆にお尻は後ろに突き出て、腰は反る形になります)

育児中のお母さんに多くみられます。前抱っこの際にこういう形になりますね。

 

20180213_102632

↑ ↑ ↑ 骨盤が後ろに傾く。(逆に恥骨が前に突き出る形となり、腰は丸くなります)

座っていることが多いと、こうなりやすいですよね。


【パターン②】≪左右に傾く≫

20180213_102047 (1)

↑ ↑ ↑ 右の骨盤が上がり、左の骨盤が下がる。(背骨もつられて曲がります)

 

20180213_102131 (1)

↑ ↑ ↑ 左の骨盤が上がり、右の骨盤が下がる。(背骨もつられて曲がります)

左右の傾きは、横座りの多い方や、片足に重心がかかっている方などに見られます。


【パターン③】左右のねじれ

20180213_101928

↑ ↑ ↑ 骨盤が右にねじれています。(背骨もつられてねじれます)

 

20180213_102001

↑ ↑ ↑ 骨盤が左にねじれています。(背骨もつられてねじれます)

足を組む癖があると出やすい歪みです。


以上の

「前後傾き」

「左右傾き」

「左右ねじれ」

が骨盤の歪みの3つのパターンです。

どれか1つの方もいますし、3つのパターン全てが複合している方もいます。

骨盤矯正の目的は、これらの歪みを把握し、正しい位置(中間位)に調整(安定させる)ことです。

 

歪みの把握の方法はいろいろありますが、まつだ整骨院では患者様ご自身が把握できる方法を取っています。

自分で自分の歪みが把握できれば、自分で歪みを正すことも可能になります。

その方法はブログでは書けませんが、当院に来院された患者様にはレクチャーいたしますので、気になる方はご来院下さい。

 

それでは今回のブログはこの辺で。

次回、シリーズ第4弾は「骨盤が歪むとどうなるのか」というお話し。

骨盤の歪みによって実際に起こる症状や健康被害、美容被害についてお話しします。


理屈はいいから手っ取り早く骨盤の歪みを治して!!
という方は、ご予約下さい。
お問い合わせ、ご予約は ☎099-254-7998 まで!
治療のご予約はネットでも出来ます(^_-)-☆
こちらをクリック→★☆治療予約☆★
まつだ整骨院のMIS式整体を知りたい方はこちらをクリック→★☆まつだ整骨院HP☆★

 

 

 

鹿児島市まつだ整骨院|ご案内

アクセスマップ

住所

〒890-0082
鹿児島県鹿児島市紫原5丁目1-1

アクセス

KTSテレビ向かい
JR南鹿児島駅より車で6分!
(駐車場9台完備)

TEL/FAX

099-254-7998

診療カレンダー 交通事故治療は夜22時まで受付!!
今すぐお電話ください ネットからのご予約・お問い合わせはこちら!

ページの一番上に戻る