体の不調でお悩みの方!鹿児島市紫原まつだ整骨院にお任せ下さい

必読!!交通事故のケガで病院や整骨院に通う際、絶対に知っておきたい事。≪その4≫|2017/05/03

みなさんおはようございます!

GWも中盤!楽しくお過ごしでしょうか?

GWは車が多くなるため、交通事故も起こりやすくなります。

今回のブログは、万が一事故にあってしまい病院や整骨院で治療を受けるとき知っておきたい知識をお伝えします。

以前のブログでも何回か書きましたが今日はその第4弾!!

【知っておきたい】

≪事故前と事故後の身体の違いを具体的にノートに書き留めておこう!≫

slump_good_man_study

治療を開始して数か月たってくると、事故以前の自分の身体の状態が分からなくなることが有ります。

「首を動かすと突っ張る感じが残る・・・。でも事故前にも突っ張る感じはあったかも・・・(~_~;)」

と、こんな具合にはっきりしなくなってきます。

保険屋さんに現在の症状を聞かれた時に、このようにはっきりしない答え方をしてしまうと、

「今の症状は事故とは関係ないんじゃないですか?」と言われてしまい、

最悪の場合は治療を打ち切られてしまうこともあります。

ただなんとなく「キツイ」、ただなんとなく「痛い」、ただなんとなく「だるい」

そんな説明では、長期にわたり保険の保障を受けることは出来ません。

 

保険屋さんに納得してもらうためには、こちらも事故前と今との体の違いを≪具体的≫にしっかりと伝えなければいけません。

その為には、違いを実感した時、忘れないようその日のうちにノート(日記帳なんかも良いですね)に書いておきましょう。

pose_genki10_businesswomanビフォーchikaratsukiru_businesswomanアフター

≪具体的に≫というと、例えば・・・

「事故以前はデスクワークで5時間以上座っていても腰が痛くなることは無かったが、今は2時間程度座っていると痛くなる」

「事故前は20kgの荷物を持っても、痛みを感じたことは無かったが、今は10㎏程度の荷物を持っただけで痛い」

など、数字を織り交ぜてみたり、

「事故前も頭痛は有ったが、痛くなるのは決まって側頭部だった。しかし事故後の頭痛は後頭部に起こる」

「事故以前から首は痛めていて、手に痺れもあったが、以前のしびれは親指のみで、今のように薬指や小指には無かった」

など、症状は同じでも細かな違いをしっかり書いておく。

保険屋さんに症状の説明を求められた時は書いておいたことを見ながら説明し、

「事故前の〇〇状態に回復するまで治療を続けたい」とはっきり伝えてみましょう。

保険屋さんもお仕事なので、ゴールの見えない治療にいつまでも付き合ってはくれません。

「〇〇状態になるまで!」とゴールを見せることが大切です。

それではこの辺で、第5弾もきっと書きますのでお楽しみに(*^^)v

まつだ整骨院について詳しく知りたい方は

こちらをクリック→→→☆☆交通事故治療専門ページ☆☆

鹿児島市まつだ整骨院|ご案内

アクセスマップ

住所

〒890-0082
鹿児島県鹿児島市紫原5丁目1-1

アクセス

KTSテレビ向かい
JR南鹿児島駅より車で6分!
(駐車場9台完備)

TEL/FAX

099-254-7998

診療カレンダー 交通事故治療は夜22時まで受付!!
今すぐお電話ください ネットからのご予約・お問い合わせはこちら!

ページの一番上に戻る